• 言語
  • 文字サイズ
  • 標準
  • 特大

介護保険料と納入方法

第1号被保険者 65歳以上の方の保険料

令和3年度より介護保険料が変わりました。
65歳以上の人の保険料は、令和3年度から令和6年度までの3年間に東北町で必要な介護費用をもとに決定しています。介護サービスの提供に必要な費用のうち、65歳以上の人の保険料は全体の23%にあたります。
この23%の金額を東北町にお住まいの65歳以上の人数で割って、保険料の基準額が決まり、令和3年度から令和6年度の東北町における保険料基準額は95,400円(月額7,950円)となります。
保険料は、その基準額をもとに、所得や課税状況、そして加入している医療保険により、それぞれ決められることになります。(下記表参照)


所得段階 対象者 基準額×調整率 保険料
第1段階 ・生活保護受給者
・老齢福祉年金※1受給者で、世帯全員が町民税非課税の方
・世帯全員が町民税非課税の方で、前年の合計所得金額※2と課税年金収入の合計が80万円以下の方
基準額(月額7,950円)×0.3 月額2,385円
年額28,620円
第2段階 世帯全員が町民税非課税の方で、前年の合計所得金額と課税年金収入の合計が80万円超120万円以下の方 基準額(月額7,950円)×0.5 月額3,975円
年額47,700円
第3段階 世帯全員が町民税非課税の方で、前年の合計所得金額と課税年金収入の合計が120万円超の方 基準額(月額7,950円)×0.7 月額5,565円
年額66,780円
第4段階 世帯の誰かに町民税が課税されているが、本人は町税非課税で前年の合計所得金額と課税年金収入の合計が80万円以下の方 基準額(月額7,950円)×0.9 月額7,155円
年額85,860円
第5段階 世帯の誰かに町民税が課税されているが、本人は町民税非課税で前年の合計所得金額と課税年金収入の合計が80万円超の方 基準額(月額7,950円)×1.0 月額7,950円
年額95,400円
第6段階 本人が町民税課税で、前年の合計所得金額が120万円未満の方 基準額(月額7,950円)×1.2 月額9,540円
年額114,480円
第7段階 本人が町民税課税で、前年の合計所得金額が120万円以上210万円未満の方 基準額(月額7,950円)×1.3 月額10,335円
年額124,020円
第8段階 本人が町民税課税者で、前年の合計所得金額が210万円以上320万円未満の方 基準額(月額7,950円)×1.5 月額11,925円
年額143,100円
第9段階 本人が町民税課税で、前年の合計所得金額が320万円超の方 基準額(月額7,950円)×1.7 月額13,515円
年額162,180円

※1 老齢福祉年金/明治44年(1911年)4月1日以前に生まれた方、または大正5年(1916年)4月1日以前に生まれた方が受けている年金です。
※2 合計所得金額「所得」とは実際の「収入」から「必要経費の相当額」を差し引いた額です。
※3 課税年金収入額 課税収入として、所得計算の対象となる老齢(退職)年金の収入額のことです。(本来課税対象とならない障害年金と遺族年金は含みません)


65歳以上の方の保険料の納め方

◎特別徴収(年金が年額18万円以上の方)

年金の定期支払い(年6回)の際に、介護保険料があらかじめ差し引かれます。
※老齢年金、遺族年金、障害年金も特別徴収の対象となります。

介護保険料と納入方法


◎普通徴収(年金が年額18万円未満の方)

町から送付される納付書に基づき、町指定の金融機関で納めていただきます。

介護保険料と納入方法

年金額が18万円以上の方でも、こんなときは普通徴収で収めます。

  • 年度途中で65歳になった場合
  • 年度途中で他の市区町村から転入した場合
  • 年度始め(4月1日)の時点で年金を受けていなかった場合
  • 収入申告のやり直しなどで、保険料の所得段階が変更になった場合
  • 年金が一時差し止めになった場合など
    ※普通徴収になった場合、保険料は口座振替で納めることができます。
    通帳、印かん、納付書をもって、指金融機関で手続きください。

第2号被保険者 65歳未満の方の保険料

国民健康保険に加入している方

→※こちらもご参考ください:国民健康保険税

保険料は世帯ごとに決められます。

介護保険料と納入方法

※介護保険料と国民健康保険税(料)の賦課は別々に決められます。
医療保険分と合わせて、国民健康保険税(料)として世帯主が納めます。


職場の医療保険に加入している方

医療保険ごとに設定される介護保険料率と、給与(標準報酬月額)および賞与(標準賞与額)に応じて決められます。

介護保険料と納入方法

医療保険分と介護保険料を合わせて、給与および賞与から徴収されます。

保険料を納めないでいると

災害などの特別な事情がないのに保険料の滞納が続く場合は、次のような措置がとられます。納め忘れに注意しましょう。

  • 一年間保険料を滞納した場合は、介護保険サービスの費用がいったん全額利用者負担になります。保険証には「支払方法変更の記載」が行われます。
  • 1年6カ月間滞納した場合には、一時的に保険給付が差し止められます。なお滞納が続く場合には、差し止められた保険給付額から滞納分を控除することがあります。
  • 時効消滅(2年)による未納保険料があるとき、保険料未納期間に応じて利用者負担が最大4割に引き上げられたり、高額介護(介護予防)サービス費・特定入所者介護サービス費・高額医療合算介護(介護予防)サービス費が受けられなくなります。


連絡先

〒039-2696 青森県上北郡東北町字塔ノ沢山1-94 福祉課(東北分庁舎)
Tel : 0176-56-4517(直通) Fax : 0175-63-2036

〒039-2492 青森県上北郡東北町上北南四丁目32-484 福祉課分室(本庁舎)
Tel : 0176-56-2439(直通) Fax : 0176-58-1200

〒039-2492 青森県上北郡東北町上北南四丁目32-484 地域包括支援センター(本庁舎)
Tel : 0176-56-3111(代表) Fax : 0176-56-3589

TOPへ戻る