ホーム > まちづくり > 選挙 -選挙 ->選挙人名簿について

選挙人名簿について

選挙人名簿の登録について

選挙人名簿は、選挙の公正を保つため、選挙権のある人をあらかじめ登録し、投票の際に照合するためにつくられる名簿です。
選挙の際は、選挙権があっても、この名簿に登録されていない人は投票することができません。

■被登録資格

●日本国民であること。

●引き続き3か月以上東北町に住所を有していること。

●年齢満20年以上であること。

●欠格者(成年被後見人、禁錮以上の刑に処せられている者、公民権が停止されている者)でないこと。

以上の要件を充たし、住民基本台帳に3か月以上記録されていなければなりません。したがって、住所の異動等があった場合は、住民基本台帳に基づく異動届を14日以内に役場町民課の窓口に提出して下さい。

選挙人名簿の縦覧について

登録時には、正確な選挙人名簿を作成するため、登録した者の氏名、住所、生年月日を記載した書面を一定期間縦覧します。
登録・抹消について不服のある場合は、この期間内に異議を申し出ることができます。

在外選挙人名簿について

年齢満20年以上の日本国民で、引き続き3か月以上その方の住所を所管する領事館(大使や総領事)の管轄区域内に住所を有する方が、在外公館(大使館や総領事館)の領事窓口に行って申請することにより登録をされる在外選挙人名簿があります。
 在外選挙人名簿に登録されることにより、衆議院比例代表選出議員及び参議院比例代表選出議員の選挙の投票ができます。