ホーム > まちづくり > ふるさと納税制度 > ふるさと納税制度とは

ふるさと納税制度とは

ふるさと納税制度とは

自らが生まれ育った市町村や、関わりが深い地域を応援したいと思う市町村に寄附することで、その市町村を元気づけ、応援できる制度です。皆さんが市町村に寄附をした場合には、現在お住まいの自治体の住民税や所得税から寄附額に応じて一定額が控除されます。
東北町では、ふるさと東北町への想いや東北町のまちづくりへ共感を持つ方々が、地域づくりへ参画できるよう寄附による基金を設置し、その寄附金を財源として寄附者の意向を具体化し、政策に反映することにより、多様な人々の参加による魅力あるふるさとづくりに資することを目的にとした「東北町ふるさとづくり寄附条例」を制定しました。


・東北町ふるさとづくり寄附条例【PDF】

・東北町ふるさとづくり寄附条例施行規則【PDF】


【寄附の使いみち】

(1) 小川原湖を中心とした自然の息吹に満ちた空間を守り、活用するための事業

(2) 人と自然が共生できる循環型、環境負荷低減型の産業育成のための事業

(3)東北町の豊かな恵みを活かした交流を通じて人々が元気になるための事業

(4)子供を産み、育てやすい環境づくりのための事業

(5)ふるさとの歴史や文化を愛する心を育む教育と将来のまちを担う人材育成のための事業

(6)その他東北町が活力あるまちになるために町長が必要と認める事業