ホーム > くらしのガイド > マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)について

くらしのガイド

マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)について

マイナンバー制度は、すべての国民に12桁のマイナンバー(個人番号)を割り当て、社会保障、税、災害対策の分野で皆さんの情報を適切に把握することにより、行政事務を効率化し、国民の利便性を高め、公平・公正な社会を実現する社会基盤となる制度です。

 

通知カードについて

 

通知カードは、紙製で券面にマイナンバー(個人番号)、氏名、住所、生年月日、性別が記載されたものになります。ただし、顔写真は記載されておらず、通知カードを使用して番号確認と本人確認を同時に行うためには、別に運転免許証やパスポートが必要となります。

青森県庁のホームページで「通知カード」や「個人番号カード」の見本、注意事項、お知らせについて確認できます。

 

マイナンバーの取り扱い

 

平成28年1月から、マイナンバーは社会保障、税、災害対策の行政手続で利用します。

・年金、雇用保険、医療保険の手続、生活保護や福祉の給付、確定申告などの税の手続など、法律で定められた事務に限って、マイナンバーが利用されます。

・民間事業者でも、社会保険、源泉徴収事務など法律で定められた範囲に限り、マイナンバーを取り扱います。

 

法律で定められた目的以外でマイナンバーを利用したり、他人に提供したりすることはできません。

 

・他人のマイナンバーを不正に入手したり、正当な理由なく提供したりすると、処罰されることがあります。

・マイナンバーと結びついた個人情報を保護するため、様々な対策を講じます。

 

マイナンバー

 

マイナンバーは一生使うものです。大切にしてください。

 

独自利用事務について

 

独自利用事務とは

 当町において、マイナンバー法に規定された事務(いわゆる法定事務)以外のマイナンバーを利用する事務について、(以下「独自利用事務」という。)について独自に番号を利用するものについて、マイナンバー法第9条第2項に基づく条例を定めています。


 この独自利用事務のうち、個人情報保護委員会規則で定める要件を満たすものについては、情報提供ネットワークシステムを使用した他の地方公共団体等との情報連携が可能とされています。(マイナンバー法第19条第8号)


独自利用事務の情報連携に係る届出について

 当町の独自利用事務のうち、情報連携を行うものについては、次の通り個人情報保護委員会に届出を行っており(マイナンバー法第19条第8号及び個人情報保護委員会規則第4条第1号に基づく届出)、承認されています。


執行機関 届出番号 独自利用事務の名称
東北町長
1
 東北町乳幼児医療費給付条例による医療費の給付に関する事務であって規則に定めるもの
東北町長
2
 東北町ひとり親家庭等医療費給付条例による医療費の給付に関する事務であって規則で定めるもの

届出1 東北町乳幼児医療費給付条例による医療費の給付に関する事務であって規則に定めるもの


届出書【PDF:65KB】

根拠規範【PDF:1,162KB】


届出2 東北町ひとり親家庭等医療費給付条例による医療費の給付に関する事務であって規則で定めるもの

届出書【PDF:60KB】

根拠規範【PDF:1,336KB】


 

最新の情報や制度の詳細については、下記のホームページをご覧ください

 

個人番号カード総合サイトはこちら

総務省のホームページはこちら

内閣官房のホームページはこちら

東北町の「特定個人情報保護評価書」はこちら

 

マイナンバー制度に関するお問い合わせ

 

新たに「マイナンバー総合フリーダイヤル」を開設しました。

0120-95-0178 (無料)

営業時間 :平日 9:30~22:00 土日祝 9:30~17:30 (年末年始12月29日~1月3日を除く)

マイナンバーコールセンター

営業時間 :平日9時30分から17時30分(土日祝日・年末年始を除く。)

・日本語窓口:0570-20-0178

・外国語窓口(Other Languages):0570-20-0291

 

連絡先

 

総務課
〒039-2492青森県上北郡東北町上北南四丁目32-484
Tel : 0176-56-4036(直通) Fax : 0176-56-3110