ホーム > くらしのガイド > くらし -安全・安心- > 災害対策

災害対策

いざという時のために

いざというときのために、日ごろの準備と心掛けが重要です。地震への備えはどうなっていますか。非常持ち出し品などを準備し、家の中・外の安全対策を講じて起きましょう。

●日常の備え

1.自宅や勤務先近くの避難場所の確認をしておきましょう。

2.非常用品をリュックに入れて準備しておきましょう。

3.日頃から防災情報に関心を持ちましょう。

●家の安全対策

○つり下げ式の照明器具は、3方向からひもで補強するなどしておきましょう。

○たんす、食器棚、本棚、冷蔵庫等の大型の家具類には、転倒及び移動防止策をしておきましょう。

○テレビや水槽などをたんすの上などの高い所に置かないようにしましょう。

○食器棚やサイドボード、窓などのガラスには、透明フィルムを貼るなどして、飛散を防止しましょう。

○幼児やお年寄りなどの部屋には、転倒や移動する危険がある家具類は置かないようにしましょう。

○落下の危険のあるものは、ベランダなどに出さないようにしましょう。

●非常用品を準備しておきましょう!

◆貴重品…現金、預金通帳、印鑑、免許証、権利証書、健康保険証など。

◆携帯ラジオ…予備電池は多めに用意。

◆懐中電灯…できれば、一人に一つ。

◆非常食品…カンパン、缶詰、栄養補助食品など調理せずにそのまま食べられるもの。

◆常備薬

◆その他生活用品…下着、上着、靴下などの衣類、タオル、ちり紙、マスク、手袋など。

避難勧告・指示の広報

東北町に影響のある災害情報が発表されるなど、避難が必要と判断した場合には、次のような方法で広報します。

◆サイレンによる伝達
◆ラジオ、テレビ放送による伝達
◆防災無線による伝達
◆広報車による伝達
◆行政連絡員等による戸別訪問、マイク等で伝達

◆電話による伝達

 

種  別 とるべき行動
避難準備
高齢者等
避難開始

いつでも避難できるよう避難準備をしましょう。身の危険を感じる人は避難を開始しましょう。
テレビ、ラジオ、防災無線や広報車の放送に注意しましょう。
避難に時間を要する人(ご高齢者の方、障害のある方、乳幼児をお連れの方等)は避難を開始しましょう。

避難勧告

お互いに助け合って、指定された避難場所に、速やかに避難を始めましょう。

避難指示
(緊急)

指定された避難場所に、ただちに避難しましょう。
外出することでかえって命に危険が及ぶような状況では、自宅内のより安全な場所に避難しましょう。

 

災害時の避難所

 災害時に避難する際には次のことに注意しましょう。
◆あわてずに落ち着いて行動しましょう。

◆戸締り、火気の始末を確認しましょう。

◆隣近所を確認し、みんなで協力しましょう。

◆服装は、なるべく軽装とし、帽子、雨具、防寒衣等を携行しましょう。

 

   ●避難所一覧(上北地区) →PDFダウンロード 避難場所 上北地区


   ●避難所一覧(東北地区) →PDFダウンロード
避難場所 東北地区


   ●避難所一覧(浜台・田ノ沢・舟ヶ沢・鶴ヶ崎・蓼内 地区) →PDFダウンロード避難場所 東北地区

 

   ●避難所一覧(栄沼・花向・旭・沼崎本村・向山 地区) →PDFダウンロード避難場所 東北地区

 

緊急連絡先一覧

名 称 電話番号
東北町役場 0176-56-3111(代表) 
0175-63-2111
国土交通省 高瀬川河川事務所 0178-28-7135
七戸警察署 0176-62-3101
上北警察官駐在所 0176-56-2110
乙供警察官駐在所 0175-63-2510
甲地警察官駐在所 0175-62-2054
上北消防署 0176-56-2119
東北消防署 0175-63-2520

 

災害用伝言ダイヤル

災害が発生し、家族や友人と連絡が取れない場合は災害用伝言ダイヤル」のご利用が有効です。

災害用伝言ダイヤル利用方法

「171」をダイヤルし、利用ガイダンスに従って伝言の録音・再生を行ってください。

●詳しくはこちらをご覧下さい。
災害用伝言ダイヤル(171) | NTT東日本
http://www.ntt-east.co.jp/saigai/voice171/

連絡先
〒039-2492 青森県上北郡東北町上北南四丁目 32-484
総務課(本庁舎)
℡0176-56-4036 (直通)FAX0176-56-3110

 

↑ページのトップへ