ホーム > くらしのガイド > 健康・福祉-障害者福祉- >障害者手帳の申請

障害者手帳の申請

障害者手帳の申請窓口は、役場福祉課です。
障害者手帳には、身体障害者手帳、愛護(養育)手帳、精神障害者福祉手帳があり、いろいろな福祉サービスを受けるために、障害があることを証明するものです。

手続きの詳しい内容は、下記からご覧ください。


身体障害者手帳

身体障害の方が、各種のサービスを受けることができる手帳です。
障害の程度により1から6級に区分されます。


■申請及び更新する際に用意するもの

1.指定医師の指定診断書(3ヶ月以内のもの)

※診断書を書いてもらうには、約5,000円程度の費用がかかりますので、指定医師に相談の上、書いてもらうようにしてください。


2.印鑑

3.写真2枚(たて4cm×よこ3cm、無帽、1年以内撮影の証明用写真)

  ※スナップ写真可、ポラロイド写真不可


※再認定・障害程度変更・追加の場合も写真が必要です。

4.個人番号通知カードもしくは個人番号カード


■障害の区分

1.視覚障害
2.聴覚又は平衡機能障害
3.音声・言語・そしゃく機能障害害
4.肢体不自由(上肢、下肢、体幹、脳原性運動機能障害)

5.内臓等機能障害(心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう又は直腸、小腸、免疫機能)

申請書様式

身体障害者手帳交付申請書【PDF】

身体障害者手帳再交付申請書【PDF】

身体障害者居住地・氏名変更届【PDF

身体障害者手帳返還届【PDF】

愛護(療育)手帳

●知的障害の方が、指導相談や各種のサービスを受けることができる手帳です。
●障害程度を総合判定し、A(重度)・B(中・軽度)に区分されます。
●青森県障害者相談センターの判定(巡回相談)が必要です。
※福祉課で依頼をしますので役場窓口にお問合せください。
18才以上の方で、初めて療育手帳の申請をされる場合は、事前に書類が必要となりますので、福祉課までご相談下さい。

■申請及び更新の際に用意するもの

1.印鑑

2.写真(たて4cm×よこ3cm、無帽、1年以内撮影の証明用写真)

  ※スナップ写真可、ポラロイド写真不可

  ※更新の場合、写真を変更する場合は必要です。

3.母子手帳(出生歴~育成歴の確認のため)

  ※無ければ不要です。

申請書様式

愛護手帳交付等申請書【PDF】

精神障害者保健福祉手帳

精神障害の方が社会復帰、自立及び社会参加の促進のために作られた手帳です。
障害の程度により1から3級に区分されます。有効期間は2年間です。有効期間を過ぎて2年間は更新の手続きが可能ですが、それを過ぎると新規申請となりますので、有効期限の確認が必要です。申請等の手続きは役場福祉課へお越しください。

■申請の際に用意するもの(新規・更新)

●新規申請の場合

1.手帳用の診断書

2.印鑑(本人のもの)

3.写真(たて4cm×よこ3cm、無帽、1年以内撮影の証明用写真)

  ※スナップ写真可、ポラロイド写真不可
4.個人番号通知カードもしくは個人番号カード

●更新の場合

1.障害年金証書及び裁定通知書

  ※手帳用診断書が必要な場合があります。

2.直近の振込み(支払)通知書

3.印鑑(本人のもの)

4.精神障害者保健福祉手帳

5.写真(たて4cm×よこ3cm、無帽、1年以内撮影の証明用写真)

  ※スナップ写真可、ポラロイド写真不可

  ※お手持ちの手帳に写真がない場合に必要です。

6.個人番号通知カードもしくは個人番号カード

申請書様式

精神障害者手帳申請書【PDF】