ホーム > くらしのガイド > 健康・福祉-国民年金-> 国民年金への届出が必要なときは

国民年金への届出が必要なときは

転入・転出、結婚や就職・退職など人生の節目には窓口での届出が必要です。

 

転入・転出で住所が変わったとき

年金手帳、印鑑

氏名が変わったとき

年金手帳、印鑑

会社に就職したとき

年金手帳、印鑑、健康保険証または就職日のわかるもの

会社を退職したとき

年金手帳、印鑑、退職日のわかるもの

配偶者(社会保険)の扶養に入ったとき

年金手帳、健康保険証

会社等に勤める配偶者(厚生年金・共済組合加入者)に扶養されなくなったとき。例えば、配偶者が退職したとき、離婚したとき、収入が増えたとき

年金手帳、印鑑、配偶者の退職日がわかるもの

国民年金受給者が死亡したとき

死亡した方の受給していた年金証書、印鑑
請求者名義の預金通帳

 

20歳になったら国民年金

 20歳到達資格取得届(申出)書と学生の届出(学生納付特例申請書)が一緒に青森年金事務所から送付されます。届出書に必要事項を記入し、申請は市町村役場の国民年金担当窓口に提出します。

 学生の資格取得届は、実際に住んでいる場所が住所地と異なる場合でも、住民票地の市町村役場に提出できることになっています。この場合、本人が直接届出を行うほか、親などの代理人による届出もできます。

 

連絡先
町民課(東北分庁舎)
 〒039-2696 青森県上北郡東北町字塔ノ沢山 1-94
 ℡0176-56-4497 (直通)FAX0175-63-2036
町民課分室(本庁舎)
 〒039-2492 青森県上北郡東北町上北南四丁目 32-484
 ℡0176-56-2436 (直通)FAX0176-58-1200