ホーム > くらしのガイド> 健康・福祉-健康・医療 - >予防接種

予防接種

乳幼児の予防接種

予防接種の受け方

●予防接種法に基づく定期予防接種を実施しています。
●保護者とお子さんが直接病院に行って接種します。年間を通して接種できますので、母子健康手帳を確認のうえ、お子さんの体調の良い時に接種しましょう。
●新生児の家庭訪問時に予診票を配布又は対象年齢時に送付します。接種を希望される方は、予診票と一緒に配布される説明書等をよくご覧になり(特に注意点と副反応)、希望する町内医療機関で接種をして下さい。
(委託病院はこちら→ 予防接種が受けられる医療機関
●接種時は予診票に必要事項を記入し、母子健康手帳と予診票をお持ち下さい。
●予診票を紛失した場合は下記担当で再発行します。

(病院では再発行できませんのでご注意ください。)

 

予防接種


料金

無料  
注)対象年齢が過ぎた場合は、予診票は使用できません。(接種は有料になります)    
転出された方は東北町の予診票を使用できません。転出先での再発行が必要になります。


予防接種の接種と受ける時期

予防接種を受けるために必要な間隔


※予防接種を受ける前に予診票をもう一度確認を【PDF】

予防接種を受けるための必要な間隔

生ワクチンを接種した場合

 

予防接種名 対象年齢 標準的な接種年齢 接種回数 標準的な
接種間隔
備 考
四種混合
〔ジフテリア、百日せき、破傷風、ポリオ〕
【1期】
生後3か月から
7歳6か月未満
【1期初回】
生後3か月~12か月
3回 20日から56日までの間隔
【1期追加】
1期初回接種(3回)後、1年から1年半後に接種
1回 1期初回接種終了後、12月から18月おく
【2期】
11・12歳
※二種混合として実施
小学6年生 1回  
日本脳炎 【1期】
生後6か月から7歳6か月
【1期初回】
3歳~4歳未満
2回 6日から28日まで
【1期追加】
4歳~5歳未満
1回 1期終了後おおむね1年おく
【2期】
9歳から13歳未満
9歳~10歳未満 1回  
ヒブ 生後2か月から5歳未満 【標準的開始時期】
開始:生後2か月~7か月未満
初回3回
追加1回
<初回>
27日から
56日まで

<追加>
初回終了後7月から13月まで
※初回接種は、1歳未満で接種。(1歳を過ぎたら初回接種はしない)
※初回接種を終了せずに1歳を超えた場合は、初回接種と追加接種の間隔は27日以上おく
開始:生後7か月~12か月未満 初回2回
追加1回
開始:1歳~5歳未満 1回  
肺炎球菌 生後2か月から5歳未満 【標準的開始時期】
開始:生後2か月~7か月未満
初回3回
追加1回
<初回>
27日から
56日まで

<追加>
初回終了後60日以上の間隔を置く。
※初回接種は、2歳未満で接種。初回接種の2回目が、1歳以上で接種の場合、3回目は接種しない。

※追加接種は生後12月に至った日以降に接種。
開始:生後7か月
12か月未満
初回2回
追加1回
開始:1歳~2歳未満 2回 60日以上おく
開始:2歳~5歳未満 1回  
MR混合
〔麻しん、風しん〕
【1期】
1歳から2歳未満
1歳~2歳未満 1回 1歳になり次第、早めに接種する。
【2期】
5歳から7歳未満
小学校就学前 1回  
水痘 1歳から3歳未満 【1回目】
生後12か月~15か月
1回  
【2回目】
3歳未満
1回 1回目終了後、おおむね
6月から12月おく
B型肝炎 生後2か月から1歳未満 【1回目】
生後2か月からなるべく早めに接種
【2回目】
1回目終了から27日以上の間隔をあけて接種
【3回目】
1回目終了から139日以上の間隔をあけて接種


広域予防接種制度

 接種希望者が何らかの事情により県内他市町村において接種することを希望した場合に、手続きを行うことにより広域予防接種実施医療機関を利用できます。
県内広域予防接種の対象者は、次のとおりです。
(1) やむを得ない事情により接種機会を逃した者
(2) 里帰り出産等のため実家などで予防接種を希望する者
(3) 接種要注意者(基礎疾患等)でかかりつけ医がいるなど住所地以外での予防接種を希望するもの 等
※詳細については役場保健衛生課までお問い合わせ下さい。


県外の医療機関での予防接種について

県外の医療機関での予防接種を希望する方は、予防接種依頼書が必要になります。予防接種依頼書の発行には手続きが必要ですので、役場保健衛生課までお問い合わせください。


成人の予防接種

予防接種の受け方

●予防接種法に基づく定期予防接種を実施しています。
●対象者に予診票を送付します。接種を希望される方は、予診票と一緒に配布される説明書等をよくご覧になり(特に注意点と副反応)、希望する町内医療機関で接種をして下さい。 (委託病院はこちら→ 予防接種が受けられる医療機関
●予診票を紛失した場合は下記担当で再発行します。 (病院では再発行できませんのでご注意下さい。)


料金

無料
注)実施期間が過ぎた場合や転出した場合は、予診票は使用できません。(接種は有料になります)


予防接種名 対象年齢 接種回数 実施期間 受ける時期
インフルエンザ

①65歳以上の町民
②60歳~65歳未満で、次の内臓系基礎疾患(心臓・腎臓・呼吸器・ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害)のある方

1回

11月上旬~
12月下旬

※対象者には毎年10月に個別通知します。

成人用
肺炎球菌

①平成29年度に65・70・75・80・85・90・95・100歳となる方
②101歳以上の方
③60歳~65歳未満で、次の内臓系基礎疾患(心臓・腎臓・呼吸器・ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害)のある方(身体障害者手帳1級相当)

1回

7月上旬~9月下旬

※対象者には毎年9月に個別通知します。

過去に肺炎球菌ワクチン接種を受けた方は接種を避けてください。(5年以内に再接種をすると、接種部位の痛み、熱感、腫れ等が強く表れるとの報告があります) 

償還払について

実施期間内に町内委託医療機関以外で接種した場合は、申請することで町が定める限度額の範囲内にて接種費用の払い戻しができます。
【申請に必要なもの】
① 予防接種の領収書(接種年月日、予防接種に要した額、受領日、医療機関の名称が記載されたもの)
② 金融機関の通帳
③ 印鑑
【申請期限】
年度末まで
【申請窓口】
上北保健福祉センター、東北町保健福祉センター
※詳細については役場保健衛生課までお問い合わせ下さい。

予防接種が受けられる医療機関

下記医療機関で個別接種ができます。(※予約が必要な医療機関もあります)

 

病院名・住所・電話番号 受付時間 備考

ちびき病院
字石坂324
℡ 0175-64-5100

(平日)  9:00~11:45
     14:00~16:45

(土曜日) 9:00~11:45
※ 要予約。
接種日時は予約時に確認
日曜・祝日休診

吉田内科医院
字上笹橋23-8

℡ 0175-63-3777

(平 日) 8:30~11:30
     14:00~17:30

(土曜日) 8:30~12:30
日曜・祝日休診

小川原湖クリニック
上北北一丁目34-45

℡ 0176-56-5600

平 日) 8:30~12:30
      15:00~18:30

(土曜日) 8:30~12:30 

水曜日は午後から休診

日曜・祝日休診

旭日クリニック
大字上野字南谷地258-1

℡ 0176-58-2050

(平 日)  8:30~12:00
14:00~17:30

(土曜日)  8:30~12:00

木曜日は午後から
休診 日曜・祝日休診


その他

風しん抗体検査及び予防接種費用助成のお知らせ



連絡先

保健衛生課

・東北町保健福祉センター
〒039-2667 青森県上北郡東北町字膳前 37-1
℡0175-63-2001 FAX0175-63-2043

・上北保健福祉センター
〒039-2401 青森県上北郡東北町大字上野字上野 191-1
℡0176-56-2933 FAX0176-56-3429