ホーム > 行政ガイド > 町のプロフィール -町のシンボル-

町のシンボル

町のシンボル(花・木・鳥)

町の花「さくら」

町のシンボル・花の画像

小川原湖畔に春を告げる花として、 町民の心を和ませ、元気を与えて くれる「さくら」は、東北町の自然豊な 美しさを表現するのにふさわしい 花です。

町の木「甲地赤松」

町のシンボル・木の画像

緑の大地に、大空に向かって 真っ直ぐに立つ「甲地赤松」の姿は、 力強さとりりしさを感じ、東北町の繁栄にふさわしい木です。

町の鳥「はくちょう」

町のシンボル・鳥の画像

小川原湖に飛来する「はくちょう」は、 純白で、優雅で、冬の使者として、 町民に親しまれ、大きく飛び立つ 姿は、東北町の姿を象徴するのに ふさわしい鳥です。

 

 

平成18年1月5日制定

東北町町章

東北町町章画像

「町章の説明」

「町章の説明」『と』 を形象した緑の大地、 『う』 を形象した小川原湖が高瀬川放水路で太平洋と結ばれた形状で、 北東の位置・希望・躍動を表現している。
中の 『円』 は、 調和のイメージと 「日本中央の碑」 を表現し、 文化の豊かさを意味する。

 

平成17年9月2日制定